NEWS

HardMac:Steve Jobs CEO、AppleがUSB 3.0を採用しないのは、Intelがまだ標準サポートしていなからとコメント

HardMacが、Steve Jobs CEOは、ユーザーの質問に対して、Appleは「USB 3.0」をまだ採用していない。その理由は、IntelがUSB 3.0をサポートしていないことなどを上げていると伝えています。

これは、Intelのチップセットが、USB 3.0機能を標準搭載せず、USB 3.0ホストコントローラー経由になるためで、その事を指していると考えられます。

なお、Intelが、9月に開催した「Intel Developer Forum (IDF) 2010 San Francisco」において発表した、2011年後半にリリースされる次世代チップセット「Sandy Bridge」でも、SATA Gen3 at 6Gbps、PCI Express Gen2 at 5GT/sが採用される予定ですが、USB 3.0の標準搭載は見送りとなっています。

ただ、Fudzillaが、ノートPC向けのSandy Bridgeは、USB 3.0を標準サポートしているかもしれないという噂を伝えているので、将来的には標準搭載されるのかもしれませんが、現状、Intelが標準サポートするのは、2012年の「Ivy Bridge」と言われていて、別途ホストコンローラーを必要とする状況では、AppleはUSB 3.0をサポートする考えはないのかもしれません。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事