Mac OS X

macOS Catalina 10.15.5:Mac ノートブックのバッテリーの耐用年数 (寿命) を延ばす「バッテリー状態管理」機能

macOS Catalina 10.15.5:バッテリー状態管理

macOS Catalina 10.15.5:バッテリー状態管理

macOS Catalina 10.15.5から、Mac ノートブックのバッテリーの耐用年数 (寿命) を延ばす「バッテリー状態管理」機能が追加されています。

バッテリー状態管理は、化学的経年劣化の進行を遅らせて、バッテリーの耐用年数を延ばすことを狙いとした機能で、バッテリーの温度の履歴や充電バターンを観察して、その目的を果たします。

バッテリー状態管理のモード中は、収集した測定値に基づいて、バッテリーの最大充電量が抑えられる場合があります。


macOS Catalina 10.15.5:バッテリー状態管理

macOS Catalina 10.15.5:バッテリー状態管理

これは、バッテリーが日頃の利用状況に即して最適な量だけ充電されるように適宜行われるもので、バッテリーの損耗を抑え、化学的経年劣化を遅らせます。

バッテリーの状態管理には、バッテリーを長持ちさせるというメリットがありますが、充電量が制限されている場合には、バッテリーの充電 1 回分で Mac を実行できる時間が短くなる可能性も併せ持ちます。

Mac ノートブックを次に充電するまで極力長い時間持たせることが最優先なら、この機能を無効にしておくことができます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事