Mac OS X

OS X Lionのスクリーンセーバで、手動写真表示機能とiTunes再生機能を楽しむ

OS X Lionのスクリーンセーバに、iTunes アートワークを設定した場合とiPhotoを設定した場合、それぞれ再生機能が追加されています。

iTunes アートワークを設定すると、iTunesのアートワークがタイル表示されます。Mac OS X Snow Leopardと違うのは、このタイル表示されている状態でアルバムアートワークをクリックすると、楽曲を再生することが出来るようになっています。


iPhotoを設定すると、iPhotoにある写真がスクリーンセーバーとして表示されます。Mac OS X Snow Leopardと違うのは、再生表示されている状態でスペースバーを押すと再生を一時停止することができ、矢印キーを使って手動送りすることが出来るようになっています。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事