iTunes

The Loop:Apple Musicに関して、Eddy Cue氏とJimmy Iovine氏へのインタビューを掲載

The Loopが、Apple Musicに関して、月曜日にAppleキャンパス内で行なわれた、Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデントEddy Cue氏と、AppleのJimmy Iovine氏へのインタビューを掲載しています。

Eddy Cue氏は「ライバル企業が行なっていることに注意を払っており、いかなる競争相手に対して静観するつもりはないし、Appleが何をして、どうあるべきかに制限はなく、Appleが提供したいものについて考え、時間とエネルギーの全てを費やしてきた。」と述べています。

Apple Musicは、iTunesにBeats Musicを統合したサービスで、これは、他と比べて卓越したサービスにするために、重要なピースであったと説明しています。


また、3,000万曲以上で構成されるApple Musicカタログは、曲数が重要ではなく、音楽の奥深さをいかに伝えるか?が重要だと説明しています。

Apple Music Radioはプレイリストではなく、これまでのアルゴリズムのような、一定の時代の楽曲やジャンルから動けないものとは違い、エキスパートによる専任チームによって、より豊かで音楽の幅を広げるものになっていると説明しています。

Eddy Cue氏は、Jimmy Iovine氏しから、アメリカの2億7000万人はラジオを聞いていると言われ、広告とラジオ局の研究を行ったそうです。

Beats 1 Radioは何と競争するのかと質問されたJimmy Iovine氏は「何もない」と答え、これまでこうしたサービスはなかったと説明したそうです。


Jim Dalrymple氏は、Apple Musicレビュー「First Look: Apple Music」で、ユーザーが聞きたいを正確に把握するのに役に立つ人間によるキュレーションとアルゴリズムの適切な組み合わせで、質の高いサービスを提供してくれると評しています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事