iPhone App Store

ウィジェットアプリ「Widgetsmith」を試す

Widgetsmith

Widgetsmith

Cross Forward Consulting, LLCが、iPhone/iPad用ウィジェットアプリ「Widgetsmith」を、App Storeにて無料配布していたので試してみました。

iOS 14 では、ホーム画面で「ウィジェット」を使えるようになり、気になる情報をいつでもチェックできるようになりました。

このアプリでは、時計、日付、写真、バッテリー、カレンダー、リマインダー、アクティビティ、天文情報のウィジェットを作成できます。


Widgetsmith

Widgetsmith

アプリを起動して、3のサイズのウィジェットから好きなサイズを選び、ウィジェットの雛形を作成します。

次に、作成した雛形をタップして「Default Widget」をさらにタップします。

ウィジェットデザインとして用意されている、時計、日付、写真、バッテリー、カレンダー、リマインダー、アクティビティ、天文情報などから好きな情報を選びます。

天気情報、潮見情報はアプリ内課金すると利用可能になります。

この画面で、フォントや色なども変更することが可能です。


Widgetsmith

Widgetsmith

ホーム画面に戻り、ウィジェットまたは何も表示されていない部分を長押しし、App が小刻みに揺れ始めたら指を放します。

左上隅の追加ボタンをタップします。

ウィジェット選択で「Widgetsmith」をタップし、三択のウィジェットサイズの中から選択したら「ウィジェットを追加」をタップします。


Widgetsmith

Widgetsmith

配置されたウィジェットを長押しして、クイックアクションメニューを開きます。

「ウィジェットを編集」をタップします。

そこでWidgetsmithで作成した雛形デザインを選び直す事で、様々なウィジェット表示に変更することができます。

変更したら、ウィジェットの外側をタップして終了します。

また、ウィジェットは移動できるので、よく使うものを見つけやすい場所にまとめておけます。

ウィジェットを長押しして、小刻みに揺れ始めたら、画面上で移動してください。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事