iPhone App Store

現在地情報を元に最適な撮影モードを選び出してくれる近未来風のiPhone 5/iPod touch (5th generation)向けカメラアプリ「Blux Camera」を試す

Blux Camera

Blux Camera

Blux Touchが、iPhone 5/4S/4/iPod touch (5th generation)用カメラアプリ「Blux Camera」を、App Storeにて配布を開始していたので試してみました。

近未来風UIを持ったカメラアプリで、iPhone 5/iPod touch (5th generation)で撮影した場合はフル解像度で保存され、iPhone 4S/4では保存解像度が落ちます。


アプリを起動すると、画面上にTempとZoomのコントロールスライダーが表示されます。

Tempを動かすと色温度がリアルタイムに変わります。

Zoomを動かすとズームコントロールすることが出来ます。


左上の青いP.E.A.R.テクノロジーボタンをタップすると、現在地情報を取得し、現在地の天気や温度を元に、最適な明るさや感度、絞り値を自動調整してくれます。

また、逆光補正も行ってくれて、黒潰れや白潰れを防いでくれます。


画面上部中央の三角マークをタップしてクイックメニューを表示すると、フラッシュコントロール、FaceTime HDカメラ切り替え、チルトシフト撮影オン/オフが行えます。

チルトシフト撮影オンにすると、画面の任意の場所をタップして露出を決め、2回目にタップした場所にピントが合います。


画面右端から左に画面をフリックすると、地名が付けられたフィルター変更や、HDR撮影、ポートレート撮影、逆行撮影、フード撮影、夜景や曇りなどの天候状況撮影といったシーンモードを選択することが出来ます。

このコントロールは、画面下のボタンをタップすることで切り替えることも出来ます。


画面左端から右に画面をフリックすると、彩度、コントラスト、明るさ、シャープネスの調整をスライダーを使ってリアルタイムに行う事が出来るフォトアジャストメントコントロールを行う事が出来ます。

ただ、この調整は少し強調されて過ぎてしまう傾向があります。


シャッターボタンを長押しすると、タイマー撮影、手ブレ防止、連写、画面シャッター、音シャッターなどのシャッターモードを選択することが出来ます。


上から下に画面をフリックすると、設定画面が表示されます。

ここでは、FacebookやTwitterなどのアカウント設定や、4:3のアスペクト設定などを行う事が出来ます。

また、撮影時にノーマル写真保存、iCloud同期設定なども行えます。


設定でWidget Boxをオンにするとメインの左下にプラスボタンが表示されます。

ここでは、水平器表示、ヒストグラム表示、ガイド表示などを行う事が出来ます。


下から上に画面をフリックすると、写真ライブラリーにアクセスすることが出来ます。

iボタンをタップすると、写真の撮影時情報や、撮影地情報を見る事が出来るようになっています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事