iPhone

iPhone 13 ProでMagSafeアクセサリーを使用する場合、背面カメラの枠と干渉する場合がある

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro

Appleが発表したiPhone 13シリーズは、背面カメラが大型化しています。

特にiPhone 13 Pro Maxと同じ背面カメラユニットを採用したiPhone 13 Proは、MagSafeアタッチメント領域と背面カメラ枠との距離が近くなっています。

Apple MagSafe充電器を装着した場合、iPhone 12 Proでは空きは約1cmだったのに対して、iPhone 13 Proでは約5mmしかありません。


iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro

Appleが公開する「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」には、MagSafe Case Magnet Arrayのサイズは記載されていますが、ガイドラインで背面カメラユニットとMagSafeとの最短距離に関する制限は行われていなかったため、サードパーティ製MagSafeアクセサリーによっては背面カメラに当たって装着出来ないものがあります。

また、背面カメラ回りを保護するために突起形状になっているケースの場合、さらにMagSafeアクセサリーと干渉するケースが出てきそうです。


執筆:大石結花


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事