iPhone

デルタ航空、19,000人以上の客室乗務員全員にiPhone 12を支給

Delta Air Lines, Inc.

Delta Air Lines, Inc.

デルタ航空が、AT&Tの5Gネットワークと組み合わせたiPhone 12を、客室乗務員向けに19,000台導入すると発表しています。

同社の機内サービス担当シニアヴァイスプレジデントAllison Ausband氏は「デルタ航空の客室乗務員は、日々空を飛ぶ最高のプロフェッショナルです。そのため、デルタ航空の基準を満たす優れた製品を探していたところ、AppleとAT&Tが候補に挙がりました。」と述べています。

今年の夏の終わりから導入が進められる予定です。


iPhone 12を手にした客室乗務員は、どこにいてもビデオ、写真、ARなどの臨場感あふれるトレーニングにアクセスできるようになるそうです。

ケータリングに関して、現在は紙ベースのプロセスですが、近い将来、客室乗務員は最新のデジタルケータリング在庫を入手し、iPhone 12のカメラとAR(拡張現実)を使って収納場所を可視化することで、ドアを開けずに商品をすばやく探すことができるようになる予定だそうです。


AT&Tの発表によると、デルタ航空は、19,000人以上の客室乗務員全員にiPhone 12を支給する予定で、iPhoneの下取り価格を活用し、AT&TキャピタルサービスとApple Financial Servicesによる費用対効果の高いリースを可能にしたそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事