iPhone

東京メトロ、勤務中の全駅社員がiPhoneを携帯すると発表

東京メトロ、 勤務中の全駅社員がiPhoneを携帯

東京メトロ、 勤務中の全駅社員がiPhoneを携帯

東京地下鉄が、利用者への案内サービス品質向上、海外からの利用者案内強化、社員間の迅速な情報共有等を図るため、全駅で勤務中の全ての社員がiPhoneを携帯すると発表しています。

全駅に約1,500台のiPhoneを導入し、勤務中の全ての社員がiPhoneを携帯することで、駅構内のいずれの箇所においても、迅速に充実した案内が可能になると説明しています。

2010年からサービスマネージャーがiPadを活用した案内を開始したのを皮切りに、2015年には全駅にiPadを配備し、また2018年から車掌、2019年からワンマン路線の運転士がiPadを携帯するなど、ICTを活用した質の高いサービスの提供に取り組んでいます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事