iPhone

iPhone Xのアプリ互換性をチェック

Camera+

Camera+

Appleが発表した新型iPhone「iPhone X」で、アプリの互換性をチェックしてみました。

まず、iPhone XのUIにいち早く対応したiPhone/Apple Watch用カメラアプリ「Camera+」でスクリーンショットを撮影してみました。

更新された「Human Interface Guidelines」に説明がある通り、オートレイアウトの場合、センサーハウジング部分は自動配置され、セーフエリアに対するマージンにより、上下に余白が出来ていることが確認出来ます。

スクリーンショットは、センサーハウジングを回り込みした状態の撮影はできません。


Camera+

Camera+

Camera+を、iPhone XとiPhone 8 Plusで起動し、スクリーンショットを並べて比較してみました。

iPhone Xは確かに画面サイズはiPhone 8 Plusよりも長いのですが、アプリが実際に活用出来る範囲は、iPhone 8 Plusと比べて少し長い程度だと分かります。

なお、横幅はiPhone 8 Plusの方が少しだけ広いようです。


Adobe Lightroom CC 3.0.0

Adobe Lightroom CC 3.0.0

HEIFファイル読み込みに対応した写真撮影アプリ「Adobe Lightroom CC 3.0.0」(現時点でのバージョン)の場合、オートレイアウト対応ではなくステータスバー辺りが独自実装のようで、すべての写真で、ステータスバー上に並ぶアイコンのうち、検索ボタン、フィルターボタン、共有ボタンがセンサーハウジングで隠れてしまい押すことが出来なくなっています。

補助アクセスで画面を下半分に下げれば一応ボタンは押せますが、UIの独自実装は、時に対応するのに時間を要することになりそうです。


関連エントリー:Apple、デベロッパー向け「iPhone X」開発情報を公開(動画あり)


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事