iPhone

iPhone Xは、iPhone Xレザーフォリオケースのフタの開閉によってスリープのオン/オフが可能

iPhone Xレザーフォリオケース

iPhone Xレザーフォリオケース

Appleが発表した「iPhone X」用として発表された手帳型ケース「iPhone Xレザーフォリオケース」の製品説明に「ケースを開くとiPhone Xがスリープ状態から復帰し、閉じるとスリープ状態に戻ります。」とあります。

iPadのSmart Coverのように、フタの開閉によってオン/オフする仕組みとなっています。


iPhone X:Hall Effect sensor

iPhone X:Hall Effect sensor

この仕組みについてですが、アクセサリーガイドライン「Accessory Design Guidelines for Apple Devices R4」によると、iPad用Smart Coverで、カバーを開閉検知するためのセンサー「Hall Effect sensor」が、iPhone X 上に2ヶ所搭載されていることが確認できます。

iPadの場合、ホームボタン近くと液晶画面下に設置されていますが、iPhone Xの場合は、オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイの下側に設置されているようです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事