iPhone

富士通テン、iPhoneアプリと連携するカーナビ「AVN-F01i」を発表

AVN-F01i

AVN-F01i

富士通テンが、メモリーナビゲーション内蔵ワンセグ/CD7.0ワイドQVGA AVシステム搭載カーナビ「AVN-F01i」(9万円前後)を7月上旬から発売すると発表しています。

iPod接続コード「IPC110」(別売)を利用する事で、iPhone/iPodの楽曲再生が出来るほか、Bluetooth接続によるハンズフリー通話やBluetoothオーディオ機能にも対応しています。

また、iPod接続コードを利用する事で、同社が提供するiPhoneアプリとの連携も可能だそです。

なお、アプリは、すでに配布が開始されています。(単体でも利用可能)


どこCar

どこCar

迷いそうな広い駐車場でもAR(拡張現実)技術を利用して自車位置をカンタンに探せる「どこCar」は、車から降りる時に、iPod接続コードからiPhoneを外すと、アプリが自動機起動して、位置情報を記憶します。

帰りは、アプリを立ち上げて、車に戻るをタップするだけで、駐車位置まで案内してくれます。


Carニュースリーダー

Carニュースリーダー

Yahoo! JAPANが提供しているRSS情報を利用したニュースリーダーアプリ「Carニュースリーダー」は、AVN-F01iと接続すると、本体ナビが、好きなジャンルのニュースを運転中に読み上げてくれます。

好みにあわせて音声切り替え(男性・女性)や、読み上げ速度の設定もできます。


TwitDrive

TwitDrive

Twitter利用者が体感した情報(渋滞情報やおすすめの店など)を、Twitterアカウントを利用して地図上に写真やメッセージでカンタンに投稿し、共有できるアプリ「TwitDrive」は、AVN-F01iと接続すると、現在地付近の投稿された情報をカーナビ上で確認でき、目的地設定に利用することができます。

また、カーナビからつぶやき(定型句)を投稿することも可能だそうです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事