ハードウェア

j5createのUSB-C接続M.2スロット搭載ドッキングステーション「JCD552」を試す

j5create JCD552

j5create JCD552

j5createが販売するUSB-C接続M.2スロット搭載ドッキングステーション「j5create JCD552」を試してみました。

USB-ケーブル2本をMacBookに接続することで潜在能力を全て引き出せるドッキングステーションです。

USB3.2 Gen2規格ハブを増設して超高速データ10Gbpsをサポートし、SD/microSDカードリーダーを備える上に、さらにM.2スロットを搭載し、別売りのSSDを使ってノートPCの容量を一気に拡張できます。


j5create JCD552

j5create JCD552

背面に、USB-C/USB PD 100Wポート、USB3.2 Gen2 Type-A 10Gbpsx2、4K60 HDMI、4K60 DisplayPort、UHS-I対応SD カードリーダー、UHS-I対応MicroSDカードリーダー、ギガビットEthernetポート、ケンジントンスロットを装備しています。


j5create JCD552

j5create JCD552

j5create JCD552に内蔵されているUSB-Cケーブル2本のコネクタ部分は、マグネット接続できる仕組みで、揃えるとMacBook Air、MacBook ProのThunderbolt/USB4ポートの2つのポートにピッタリサイズで接続できる設計になっています。

なお、USB-Cケーブル1はUSBハブ関連用で、USB-Cケーブル2はSSD用となっています。


j5create JCD552

j5create JCD552

j5create JCD552を使用することで、高さ2.6cmの角度を付けることが可能で、タイピング作業がより快適になります。

また、側面にUSB3.2 Gen2 Type-C 10Gbpsポートも装備されています。


LG 29WL500-B

LG 29WL500-B

MacBook Air (M1, 2020)にj5create JCD552を接続し、LGエレクトロニクス・ジャパンの29インチワイドモニター「LG 29WL500-B」をHDMIケーブル接続してみました。

問題なく使用することができました。


j5create JCD552

j5create JCD552

底面にM.2のPCIe NVMe(M Key)またはSATA(B&M Key)規格のSSDに対応したM.2 SSDスロットを搭載しています。

スロットは2230、2242、2260、および2280のM.2 NVMe SSDをサポートしています。


AJA Systems Test

AJA Systems Test

Lexar NM610 M.2 2280 NVMe SSD/1TBをj5create JCD552のM.2 SSDスロットに接続し、AJA Video Systemsのストレージベンチマークソフト「AJA System Test」を使用してドライブ性能を計測してみました。

読み取り580MB/s、書き込み810MB/sという結果でした。

Apple File System (APFS) フォーマットによる計測値です。


システム情報

システム情報

システム情報で確認してみると、USBハブは、VIA LabsのUSB 3.1 Gen2ハブコントローラ「VL822」、USB 3.1 Gen1ハブコントローラ「VL817」、RealtekのギガビットEthernetコントローラー「RTL8153B-VB-CG」などを採用していることが確認できました。


システム情報

システム情報

M.2 SSDは、RealtekのUSB 3.1 GEN2 TO PCI EXPRESS GEN3X2/SATA GEN3ブリッジ「RTL9210B-CG」が採用されていることが確認できました。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事