ハードウェア

ラシージャパン、鍵型USBメモリ「LaCie iamaKey」を試す

LaCie iamaKey

LaCie iamaKey

ラシージャパンが発表した鍵型USBメモリ「LaCie iamaKey」を試してみました。

メタルボディを採用し、本体の厚みがかなり薄いので、本当に鍵のようにしか見えません。


実際に鍵束に付けてみました。

ストラップホールが有るUSBメモリは色々ありますが、鍵束につけると、小型タイプといえども、その厚みが邪魔だったりします。

この、LaCie iamaKeyは、シリンダー式の鍵と厚みが変わらないため、鍵束に装着しても不快には感じません。

USBコネクタには、一応樹脂製カバーが付いているのですが、カバーを無くした場合でも、コネクタ (Gold SIP) には、防水加工とひっかき傷防止加工が施されいるそうで、耐久性が高くなっているようです。


鍵束に付けたまま、MacBook Pro (Late 2008)のUSBコネクタに接続してみました。

LaCie iamaKeyは、USBコネクタ側が、シリンダーに差込むキー部分と同じデザインのため、問題なく装着出来ることが確認出来ると思います。

この状態を初めて見た人は、鍵でマックをロックして使用してると勘違いするかもしれません。


Macにマウントすると、LaCie iamaKeyのアイコンが表示されます。

通常、USBメモリをマウントする場合、白いアイコンが一般的ですが、LaCie iamaKeyは、ちゃんとアイコン情報がつけられています。

ちょっとした事ですが、Macユーザー向けに配慮されてることが確認できて嬉しかったです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事