ハードウェア

フリーコム・テクノロジーズのIP55規格に対応した防水・防塵SSD「TOUGH DRIVE Mini SSD PRO」を試す

TOUGH DRIVE Mini SSD PRO

TOUGH DRIVE Mini SSD PRO

フリーコム・テクノロジーズが販売する防水・防塵SSD「TOUGH DRIVE Mini SSD PRO」を試してみました。

以前販売されていた、USB2.0接続ポータブルHDドライブ「TOUGH DRIVE」の後継モデルで、USB3.0仕様に加え、SSD搭載型に進化した製品です。


筐体は、red dot design award 2007を獲得したデザインを踏襲しているものの、USB3.0コネクタのケーブル部分が見直され、より肉厚のケーブルが採用されています。

また、コネクタ部分を本体収納する場合、しっかり収納出来るようマグネット吸着機構が搭載されています。


防水・防塵 IP55クラス(機器の正常動作や安全性を阻害するほどの粉塵が、内部に侵入せず、あらゆる方向からの噴流水によっても、有害な影響を受けない。)なので、水に着けても大丈夫でした。

また、平らな地面への2メートルからの落下に耐えられるそうです。

これで、沈まない仕様だったら完璧です。


MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)に接続してみました。

USB3.0コネクタのケーブル部分に、ソフトシリコンカバーが採用されているため、スムーズに接続することが可能です。


Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Designのディスクベンチマーク「Blackmagic Disk Speed Test」を使用してベンチーマーク計測してみました。

Write 311MB/s、Read 422MB/sオーバーという性能でした。

USB3.0接続で、Thunderbolt接続ではないため、SSD性能をフルに発揮しているとは限りませんが、他の外付けSSDドライブと同等の性能は確認出来ました。


Start MAC

Start MAC

ドライブ内にある「Start MAC」を起動すると、NTFS/FAT32フォーマット仕様のドライブを、Mac用フォーマットに変更できる「FHD Formatter」が利用出来ます。

なお、前モデルにあった256 ビットのMD5パスワード保護機能は非搭載となっています。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事