ハードウェア

ハイテクWifiガジェット「Chumby」を試す。(設定編)

Chumby

Chumby

MacOSのアイコンをデザインしたスーザン・ケアによってデザインされたハイテクWifiガジェット「Chumby」がやってきました。

麻布に入っていて、なんだかとっても優しい感じが伝わってきます。


Charm

Charm

付属品として、キャラクターストラップも付いてます。オンラインストアでは、他に色々なCharmも販売されてるようです。


Wi-Fiスポット

Wi-Fiスポット

電源を入れると、ビデオガイドが流れます。それをスキップすると、Wi-Fiスポットを探しに行きます。初めはWi-Fiスポットを解放した形にすると良いと手順が簡単に済みます。


タイムゾーン

タイムゾーン

見つかったWi-Fiスポットを選択し、次に進むとタイムゾーンの設定画面が表示されます。

世界地図が表示されるので、日本の当たりを選択するとどんどんズームされて行きます。最終的に東京か大阪を選択すれば完了です。


アクティベーション

アクティベーション

今度はアクティベーションの行う手順となります。


Chumbyサイト

Chumbyサイト

まず、Chumbyのサイトに行き、右上の「ACTIVATE」ボタンを押します。

個人情報の登録を行ってゆきますが、国の選択でアメリカ以外を選択すると、アメリカ以外では販売していませんとアラートが表示されてしまうので、国だけはアメリカを選択します。

IDが重複していなければ、メールで登録確認情報が送られてきますので、そのメールに書かれたURLをクリックして登録が完了します。


アクティベーションを行う画面を表示したら、Chumbyに名前をつけます。名前は後から変更することが可能です。

ステップ3で、インターネットブラウザ上に表示された白と黒のボタンを、Chumbyの画面でも同じように色合わせを行います。


Chumbyの画面の下にあるid番号をインターネットブラウザ上のchumby IDエリアに入力します。

入力が終了したら、インターネットブラウザのACTIVATEのボタンと、Chumby側のNEXTボタンを押します。


入力が正しく行われるとアクティベーションが完了です。

すぐにソフトウェアアップデートを探さしにゆき、アップデータが見つかるとアップデートが始まり再起動する場合があります。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



ハイテクWifiガジェット「Chumby」を試す。(導入編)

ハイテクWifiガジェット「Chumby」を試す。(トラブル編)


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事