etc / Webアプリ

PFU、Webアプリに実装可能な開発ツールキット「ScanSnap Web SDK」を提供開始

ScanSnap Web SDK

ScanSnap Web SDK

PFUが、Webアプリに実装可能な開発ツールキット「ScanSnap Web SDK」を提供開始したと発表しています。

ハイブリッドワークやBYODが広まる昨今、ブラウザから利用できるWebアプリケーションが業務ツールをはじめ広く普及しており、また、経理・会計処理やドキュメント管理など、業務ツールでは紙書類の情報を扱うシーンも多く、スキャナーとの連携を望む声も増えていることなどから「ScanSnap Web SDK」をリリースすることにしたと説明しています。

この「ScanSnap Web SDK」を用いることで、Webアプリケーション上にスキャンボタンを配置することができ、Webアプリケーション上からScanSnapを制御、イメージデータをシームレスに連携させ、紙書類の情報をストレスなく取り込むことができるそうです。

なお、現在は、Windows用のみで、macOSでの動作は2023年3月ごろを予定しているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事