etc / サポート

iPhone 3Gをeneloop mobile boosterで充電する場合の注意点

eneloop mobile booster

eneloop mobile booster

読者のnuclearさんからの情報として、三洋電機の「eneloop mobile booster」を使用してiPhone 3Gを充電する場合、iPhone 3G付属の電源ケーブルで充電するより早く充電が完了する。また、eneloopで充電した場合、iPhone 3G付属の電源ケーブルで充電した場合より早くバッテリーが消耗する印象があることに関して三洋電機に問い合わせたところ、以下のような回答を得たそうです。

モバイルブースターでiPhone 3Gを充電すると、充電時にUSB定格(5V/500mA)を大幅に超えた電流(900mA)での電流を要求するため、ブースタ側の電池の残量が少ないときや、iPhone 3G側の電池の容量が少ないときに、ブースタ側に過大な負荷がかかるため、動作が不安定になったり、ブースタ内部の温度保護機能が働いたりするために、うまく充電できない場合があるそうです。

そのため充電できる場合もありますがお勧めはしておりません。この場合も充電が不完全のため、使用時間が通常より短くなっている可能性もあるかと存じます。

三洋電機として、市場に流通する携帯電話で確認し、USB規格には準拠しながらも実態にあわせて出力に余裕を持たせた設計にはいたしていますが、機器側でもUSB充電の形態をとりながら、かならずしも、USB規格に準拠していないケースもあります。

ということで、USB経由で充電出来る外部バッテリーであってもWorks with iPhone ライセンスを受けた製品を選んだ方が良いかもしれません。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事