etc / サポート

Apple、アメリカで自分でiPhoneを修理出来るセルフサービス修理プログラムの提供を開始

Self Service Repair Store

Self Service Repair Store

Appleが、アメリカで「Self Service Repair Store」を通じて、セルフサービス修理プログラムの提供を開始したと発表しています。

200以上の個別の部品やツールが提供されていて、電子機器の複雑な修理に慣れている方であれば、iPhone 12、iPhone 13のラインナップとiPhone SE(第3世代)のディスプレイ、バッテリー、カメラなどの修理を完了することができます。

2022年後半には、Appleシリコンを搭載したMacの修理を行うためのマニュアル、パーツ、ツールも提供する予定だそうです。

また、セルフサービス修理プログラムは、2022年後半にヨーロッパをはじめとする他の国にも拡大される予定だそうです。


Repair Manual

Repair Manual

Appleは、サポートページに「修理マニュアル」も公開しています。

修理を希望する製品の修理マニュアルを確認し、その後、Apple Self Service Repair Storeにて、必要な部品や工具を注文します。

Appleの純正部品はすべて、それぞれの製品のために設計、製造され、最高の品質、安全性、信頼性を確保するために徹底したテストを受けています。

部品は、Appleの認定修理業者のネットワークで入手できるものと同じもので、価格も同じだそうです。


関連エントリー:Apple、自分でiPhoneやMacを修理できる「Self Service Repair」を2022年初めにアメリカから提供開始


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事