etc / サポート

WSJ:Apple、MacBook ProやMacBook AIrの第3世代バタフライ式キーボードの不具合を認めて謝罪

WSJ

WSJ

WSJが、Apple、MacBook ProやMacBook AIrの第3世代バタフライ式キーボードの不具合を認めて謝罪したと伝えています。

MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)に採用されている第3世代バタフライ式キーボードで、キーボーを強く打つ場合に「E」と「R」が2重入力されたり、入力が遅れるなどの問題が発生して、この件についてAppleに問い合わせたところ、ごく少数の第3世代バタフライキーボードで、問題が発生していることを認識しており、申し訳ないと謝罪するコメントを寄せたそうです。

Appleは、多くのMacBookユーザーからは新しいキーボードを快適に利用してもらっていると説明し、問題が発生した場合は、Appleのサポートに問い合わせるよう説明したそうです。

ただ、これについては構造上の問題もあるため、修理で解決方法は今のところ無い状況で「MacBook や MacBook Pro のキーボードのお手入れ方法」を変わりに行ってくれるだけといった感じです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事