etc / レポート

頓智ドット、セカイカメラ最新版で新機能を初披露


2009年7月31日に岐阜県大垣市のソフトピアジャパンにオープンした、インターネットサービス及び携帯端末アプリケーションの体験・活用拠点「DREAMCORE COLLECTIVE」のオープニングセレモニーで、頓智ドットの近藤純司氏が、セカイカメラ最新版のデモを行い、搭載されている機能のいくつかを初披露してました。

セカイカメラは、ラウンドすると、その地域の施設名の看板が表示されるようになっていて、フィルター設定を変えると、日数や距離に応じて、表示されるARタグが増えたり減ったりするそうです。

ARタグは、距離に応じて表示される大きさが変わり、画面を指で長押しすると、ARタグが回りながら前面に流れてきて、遠い位置にあるARタグを掴まえることが出来るそうです。

将来的には、Yahoo!グルメといった情報とも連携することも考えているそうです。

期間限定のARタグ「AR Shout」という機能があり、テキストを作成し、通常のPostではなく、Shoutボタンをタップすると、近くでセカイカメラを使ってる人の画面に、メッセージを一斉送信することが出来るそうです。


デモで、セカイカメラの画面を表示するために、ロジクールのQcamを使った自作デモ機を見せてもらいました。

思いっきり手作り感一杯ですが、これは二号機で、初号機を作ったあと、色々と改良したんだそうです。本体とカメラが固定なので、手持ちでデモを行なっても、画面ブレが起きないというのがポイントです。

Appleの基調講演では、iPhone 3GSから画面を直接出力する特別なモデルが使われていますが、通常は画面出力出来ないため、多くのデベロッパーがデモで困っていると思います。

そこで、この頓智ドットのアイデアは結構強力な武器になるんじゃないかと思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事