etc / レポート

InterBEE2017:Sennheiser、Lightning接続USBデジヤルマイクロホン「HandMic digital」を展示

Sennheiser HandMic digital

Sennheiser HandMic digital

InterBEE2017において、Sennheiserが、Apogee ElectronicsのA/Dコンバージョン技術を採用した、Lightning接続USBデジヤルマイクロホン「Sennheiser HandMic digital」を展示していました。


Sennheiser HandMic digital

Sennheiser HandMic digital

2016年4月に発表され、世界の展示会でずっと参考展示状態が続いていましたが、ようやく発売の目処かつき2018年3月頃に出荷開始される予定になったそうです。

電源ボタンなどは無く、マイクを必要とするアプリを起動すると自動で電源が入る仕組みになっていました。


MK 4 digital

MK 4 digital

Lightningケーブル・USBケーブルを用いることにより、iOSデバイスやMacに直接接続し、最大24bit/96kHzのレコーディングが可能となるApogee社製の高品質ADコンバーターを内蔵したスタジオマイクロフォン「MK 4 digital」も展示されていました。

この製品は、2017年7月20日から発売開始されています。


Sennheiser AMBEO VR MIC

Sennheiser AMBEO VR MIC

また、VRサウンド制作向けマイク「AMBEO VR MIC」(約25万円)の展示も行われていました。

全周360°で空間の音全体を録音し、それを再現する技術「Ambisonics」方式を採用し、従来のステレオで得られる左右の音だけでなく、上下、前後までをも含むサラウンド収録を可能にします。


Sennheiser AMBEO VR MIC

Sennheiser AMBEO VR MIC

ブースでは、Zoomのマルチトラックフィールドレコーダー「The Zoom F8」されてデモ展示されていました。


関連エントリー:CES2017:Sennheiser、Lightning接続カナル型イヤフォン「MOMENTUM In-Ear Lightning」を参考展示



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事