etc / レポート

InterBEE2016:AKiTiO、Thunderbolt 3対応RAIDケースなどを展示

InterBEE2016において、AKiTiOが、Thunderbolt 3対応RAIDケースなどを展示していました。

MacBook Pro (Late 2016)が採用している、Texas InstrumentsのUSB タイプ-C および USB PD コントローラ「TPS65983」と、AKiTiOが採用しているTexas Instrumentsのパワー・マネージメント IC(PMIC)USB タイプ-C および電源供給コントローラ「TPS65982」との間で互換性がないため、以下の製品はWindowsのみのサポートとなるそうです。


AKiTiO Thunder3 Duo Pro
AKiTiO Thunder3 PCIe Box
AKiTiO Thunder3 PCIe SSD
AKiTiO Thunder3 Quad
AKiTiO Node


既存のThunderbolt 2 またはThunderboltインターフェースの搭載するデバイスをThunderbolt 3 対応コンピュータと接続できるアダプタ「AKiTiO T3T」は、Macでも使用出来るそうです。

また、バスパワーだけで動作し、同時にバスパワーデバイスをサポートしているそうです。


AKiTiO 40Gbps Thunderbolt 3 Cableは、パッシブ仕様で、最大40Gbpsの高速データ転送速度に対応し、USB 3.1、DisplayPortおよびPCIeプロトコルをサポートしています。

同社は、パッシブ仕様の2メートルケーブルと、アクティブ仕様の2メートルケーブルも発売する予定だそうです。


USB 3.1 Gen 2対応のUSB-C接続2.5インチHD/SSDケース「Neutrino U3.1」は、macOS Sierra環境でも使えます。


AKiTiO Node

AKiTiO Node

AKiTiOの説明によると、eGPU box「AKiTiO Node」は、搭載するチップの問題ではなく、Mac側のThunderbolt 3接続の場合、macOS Sierra側で動かないようにブロックしているそうで、AKiTiO側で対応することは現時点で不可能だそうです。

なお、macOS Sierraに対応したThunderbolt 3製品は、2017年に新製品として発表する予定だそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事