etc / レポート

春のヘッドフォン祭2016:完実電気、ステンレススチール製筐体に変わったBeoPlayのイヤフォン「BeoPlay H3 MKⅡ」を展示

B&O BeoPlay H3 MKⅡ

B&O BeoPlay H3 MKⅡ

春のヘッドフォン祭2016において、完実電気が、ステンレススチール製筐体に変わったBeoPlayのイヤフォン「B&O BeoPlay H3 MKⅡ」を展示していました。

カスタム設計の10.8mm径ダイナミック型ドライバなどはB&O BeoPlay H3から変わっていませんが、筐体がアルミニウムからステンレススチールに変わったことで、軽量かつ高い耐久性、堅牢性が向上しています。


B&O BeoPlay H3 MKⅡ

B&O BeoPlay H3 MKⅡ

人間の耳の形について研究を重ね、移動中であってもアーティストが意図した通りの音で音楽を聴けるような設計になっているそうです。

ケーブルにはマイク付きリモコンを装備し、再生周波数帯域は20Hz~16kHz、インピーダンスは18Ω、ケーブルの長さは約1.2m、重量は約16gとなっています。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事