etc / レポート

第44回 東京モーターショー 2015:カーメイト、iPhone連携アプリを複数展示

カーメイト

カーメイト

2015年10月30日〜11月8日まで東京ビッグサイトにて開催される「第44回 東京モーターショー 2015」において、カーメイトが、スマートフォンなどからチャイルドシートのサンシェードを操作できる「リモートサンシェード」、車のエンジンを始動させられる「タッチスマートルーターBT2」、マウンタに iPhone を置くだけで固定と Lightning供電ケーブルの接続を行う「電動スマートフォンフォルダ」などを参考出品していました。


リモートサンシェード

リモートサンシェード

リモートサンシェードは、ベビーシートの上部にアタッチメントするサンシェードです。

子供の上部と左右の3か所に輝度センサーが入っており、このセンサーのデータから明る過ぎるようであればスマートフォンやスマートウォッチの操作でシェードを閉じることが出来るようになっています。


タッチスマートルータはこれまでも有ったリモートからエンジンを始動させられるオプションですが、BT2 となって Bluetooth の受信端末が独立。これによって Bluetooth による操作が確実に行われるようになっています。

「電動スマートフォンフォルダ」は2年前の東京モーターショーでも参考出品されていましたが、2年前はスマートフォンの収納までを行おうという意欲作でした。


これが今回は「より現実的で販売できる形に」ということで、iPhone の固定と Lightning コネクタの自動結線による電源供給という2目的を満たすデザインとなっていました。

これらの参考出展品は商品として発売する目処はまだ立っていませんが、2年余りに渡って開発を継続していることが確認できた事は収穫でした。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事