etc / レポート

Adobe Illustrator CC(2014.1)のテキストボックス/サイズ調整機能を使って「トーン」を貼る

第34回DTPの勉強部屋で、デザイナーでイラストレーターの濱口博文氏が、Adobe Illustrator CC(2014.1)のエリアタイプの自動サイズ調整機能を利用して、網点や模様を表現する「トーン」を貼るという技を紹介していました。

これは、Adobeが開催した「CREATE NOW "BEST of MAX"」のセッションで紹介されたテクニックで、DTPの勉強部屋を主催する森裕司氏が、これは凄い!と思ったそうで、わざわざリクエストして再披露してもらっていました。

実際どのようなテクニックなのかは、YouTubeで、29分頃から見る事が出来ます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事