etc / レポート

CP+2014:ニッシンデジタル、単3形電池を利用するガイドナンバー40 クラスの’ストロボとしては最小サイズの「スピードライト i40」を発表

スピードライト i40

スピードライト i40

CP+2014において、ニッシンデジタルが、単3形電池を利用するガイドナンバー40 クラスの’ストロボとしては最小サイズの「スピードライト i40」を発表していました。


非常に小型でありながらも、電源として単3形電池を4本も搭載しているために発光間隔0.1sec(最低)、発光回数1,700回(最大)というパワフルな性能を持つスピードライトで、ミラーレス一眼のような小型機と組み合わせやすいモデルです。

ミラーレス一眼ではビデオ撮影もよく使われる事を考慮し、LED ライトも搭載されています。

ニコン用・キヤノン用は2014年04月に、ソニー用・フォーサーズ用は2014年06月に出荷予定で、ニッシンデジタル・ダイレクトにて直販される予定だそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事