etc / レポート

CP+2013:ニコン、Wi-Fi機能搭載光学12倍ズームコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S6500」を展示

COOLPIX S6500

COOLPIX S6500

CP+2013において、ニコンが、1/2.3型有効1,602万画素裏面照射型CMOSセンサー、光学12倍ズーム、Wi-Fi機能搭載デジタルカメラ「COOLPIX S6500」を展示していました。

上位機種のCOOLPIX S9500との違いは、GPS機能、ダイナミックファインズーム機能が無い点で、逆に言えば、昨年の最上位機種だったCOOLPIX S9300にWi-Fi機能を搭載したモデルだと思います。


撮影直後の写真を加工して、iPhone/iPadアプリ「Wireless Mobile Utility」にWi-FI転送することが出来ます。

なお、カメラのWi-Fi機能は、SDメモリーカードを挿入していないと使えないそうで、また、Eye-Fiカードが挿入されているときは、Wi-Fi機能はオフになるそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事