etc / iPod

IS250Cは、レクサス初のiPod接続対応車でした

Lexus IS250C

Lexus IS250C

LEXUSが、2009年5月7日から発売を開始したIS250ベースのコンバーチブルモデル「IS250C」の仕様を見ていたら、HDDナビゲーションの項目に「帯型オーディオプレーヤーの接続が可能なAUX端子やUSB端子を、センターコンソールボックス内に設置しています。」と記載があるのを見つけました。

ですが、これがiPodに対応してるかどうかは、一切書かれていません。(パンフレットにも記載がありませんでした)これは、実際に見ないとわからないかも?ということで現車確認してきました。

ホテルのような出迎えを受けつつ、目的のIS250Cのオーディオ回りを見てみると、「HDD/AUX」と記載されたボタンが用意されていました。


センターコンソール

センターコンソール

センターコンソールを開けてみると、そこに、USB端子とAUX入力端子が装備されていました。

USB接続端子にApple Dock コネクタ USB ケーブルを接続し、iPod nano (4th generation)を接続しました。


HDD/AUXボタンを押すと、アーティスト/アルバム/トラックが表示され、曲の再生が始まりました。

画面の左上には、小さくiPodの表示が確認できます。また、日本語タイトルにも対応してました。


アルバムアートワークなどには対応していませんが、曲リスト、Podcast、オーディオブックなどは分かれて選択出来るようです。

曲のリスト表示スクロール速度は、普通で速いという感じはありませんでした。


IS250Cの取扱説明書には、ちゃんとiPodに関する説明が記載されてて、操作方法なども詳しく説明されてました。

iPhone 3Gに関しては非対応と取扱説明書に説明があり、実際にiPhone 3Gを接続してみたところ、iPhone 3G側に非対応アクセサリ表示がされ、IS250Cのオーディオ側でも表示されませんでした。

Update:使用可能のようですが、時間がかかるらしく、すぐには表示されないようです。

スタッフの方に、Made for iPodのロゴ認証は取得されているのか尋ねてみたところ、社内向けの資料を見せてくれました。

そこには、USB接続オーディオ機器として、iPodだけが記されていたのですが、そこにもMade for iPodに関しての記載はありませんでした。

その資料を見てみると、USB接続端子が、センターコンソール部分ではなく、フロアコンソール部分に用意された写真が掲載されてました。

この写真は、IS250Cの写真ではないですよね?と質問してみたところ、これは、2009年北米国際自動車ショーに参考出品されたハイブリッド専用モデル「HS250h」の写真のようでした。

これっていつ発表されるのか聞いてみたら、2009年7月に発表される予定だそうです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事