etc / デジカメ

キヤノン「PowerShot S90」をチェック(RAW編)

キヤノンの「PowerShot S90」で、RAWデータの現像処理チェックしてみました。

RAW撮影は、オート撮影とローライトモード撮影では有効にはならないので、プログラム撮影で行なってみました。

RAWデーターを元に現像処理して、JPEGファイルに変換しています。元のサイズに対して解像度変更を行っていますが、現像処理時に編集しないで書き出しています。

最初は、RAW撮影時に一緒書きだしされるJPEGファイル(以下、カメラファイル)です。


次に、キヤノンの「Digital Photo Professional」で現像したJPEGファイル(以下、DPファイル)です。

これは、ピクチャースタイルを、デフォルトのスタンダードのまま現像したものです。

カメラファイルとDPファイルを比較すると仕上がり感が、ほぼ同じなのが確認出来ます。

PowerShot S90内の画像処理ソフトウェアは、Digital Photo Professionalのエンジンと同じなのかもしれません。


次に、Adobe Camera Raw 5.6で現像処理を行なったJPEGファイルです。

これは、ホワイトバランスが撮影時設定ですが、プロファイル情報は、カメラスタンダードではなく、Adobeスタンダードが選択されています。

そのため、ハイライトが若干高く、MacBook Pro (15-inch, Mid 2009)の右キーボード端当りなどが白飛びしています。

ただ、カメラスタンダードを選択したとしても、ビタミンウォーターの後ろにある背景のディテールは、Digital Photo Professionalよりも、はっきりと目で確認できるレベルなのが確認出来ます。


今度は、PowerShot S90のカメラに対応していないAdobe Camera Raw 5.5で現像処理を行なったJPEGファイルです。

これを見ると、レンズの歪曲収差補正がされていない状態で現像処理されます。

色味はAdobe Camera Raw 5.6と同じなのですが、レンズ情報を持っていないため、PowerShot S90のレンズ歪曲率がそのまま再現されています。

PowerShot S90に限ったことではありませんが、コンパクトカメラの場合、実際は、このようにレンズ歪曲収差が出るのは普通で、これを撮影時に歪曲収差補正処理を行っています。

なお、歪曲収差補正処理の過程で、画面端が上下5%ほど裁ち落としされているようです。

当然、液晶プレビューで見ているときも、リアルタイム処理されているので、一般の人には分からないようになっています。

こうしてみると、Adobe Camera Raw 5.6は、Digital Photo Professionalのカメラ歪曲収差処理に酷似していることが確認出来ます。

歪曲収差処理は同じですが、画像生成処理は独自の仕上がり感が出てます。

センサーの特性をちゃんと理解しているDigital Photo Professionalで現像した方が立体感が出ていている気がします。

一口にRAW現像といっても、なにで現像処理するかでかなり変わってきますね。


次に、4つのヒストグラムを比べてみました。

ヒストグラムの見方は、左が黒、右が白、高さは画素数を示しています。

これを見ても、カメラファイルとDPファイルの処理は酷似していて、黒潰れを抑えるように生成されている感じです。

Adobe Camera Rawの場合は、ブルーがアンダー寄りで、後からシャドウ量の調整がしやすいようにし、同時に白飛びを抑えるように生成されている感じです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事