etc / デジカメ

DJI OSMO Pocket、Apple USB-C - Lightningケーブル使用でiPhone接続距離の自由度アップ

DJI OSMO Pocket

DJI OSMO Pocket

DJIの3軸スタビライザー付き小型4Kカメラ「DJI OSMO Pocket」は、手持ちで単独使用することを基本とし、ポータブル性能を上げるために様々なハード仕様が削減されています。

そのシンプルな仕様により、すぐに取り出せて、いつでもどこでも撮影できる手軽さが特長でもあります。


DJI OSMO Pocket & DJI Mimo

DJI OSMO Pocket & DJI Mimo

スマートフォンアダプタ(Lightning)を接続し、iPhoneのLightningコネクタに接続することで、iPhoneアプリ「DJI Mimo」が使用可能になり、単体使用時よりも機能が大幅にアップします。

ただ、iPhoneと直結されているため、DJI OSMO Pocketの可動範囲が制限されてしまいます。


DJI OSMO Pocket + Apple USB-C - Lightningケーブル

DJI OSMO Pocket + Apple USB-C - Lightningケーブル

Apple USB-C - LightningケーブルのUSB-Cクネクタを、DJI OSMO Pocketの底面にあるUSB-Cポートに接続します。

DJI OSMO Pocket上にスマートフォンアダプタ(Lightning)が接続されていたら外します。

このスマートフォンアダプタ(Lightning)を外さないと、Apple USB-C - Lightningケーブル接続で認識されません。


DJI Mimo

DJI Mimo

Apple USB-C - LightningケーブルのLightningコネクタをiPhoneのLightningポートに接続します。

スマートフォンアダプタ(Lightning)接続時と同じようにDJI Mimoアプリが起動します。

Apple USB-C - Lightningケーブルは、1メートルと2メートルの2種類があり、Osmo Pocket アクセサリーマウントなどを使用した場合でも、iPhoneからの操作が可能になります。


関連エントリー:DJI、スタビライザー搭載ハンドヘルドカメラ「DJI OSMO Pocket」発表会を開催




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事