etc / デジカメ

富士フイルム、ボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機能を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H1」を発表

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-H1

富士フイルムが、新開発の高剛性・高耐久ボディ、究極の高画質、快適な操作性を実現した「Xシリーズ」最高パフォーマンス機シリーズで初めてボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機能を搭載し、幅広い撮影シーンに対応したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H1」を3月1日から発売すると発表しています。

FUJIFILM X-Pro2、X-T2などに搭載されいる2430万画素、ローパスフィルターレスAPS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」と高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」が採用されています。


FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-H1

Xシリーズとして初めてボディ内に手ブレ補正機構を搭載し、3軸加速度センサー・3軸ジャイロセンサー・専用デュアルプロセッサーが連動し毎秒約1万回の高速演算および補正動作を行うことで、高速・高精度な手ブレ補正性能を実現しています。

補正は5軸(ピッチ/ヨーの角度ブレ、X/Yのシフトブレ、回転)に対応し、すべての光学式手ブレ補正機能非搭載純正レンズの装着時において5段以上(最大5.5段)の効果を実現しており、光量の少ない環境において威力を発揮するそうです。


FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-H1

動画撮影に適したフィルムシミュレーションとして、映画用撮影フィルムをシミュレートした「ETERNA」を新たに搭載し、 落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴で、ダイナミックレンジ400%(約12段相当)と併用することにより、ポストプロセスでのカラーグレーディングの手間を大幅に軽減しながらも、完成度の高い映像の収録を可能にしているそうです。

ハイダイナミックレンジガンマカーブ「F-Log」にも対応しています。


FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-H1

背面の3.0インチ約104万ドットのLCDモニターは、上90°・下45°・右60°と3方向に可動するチルト式で、ハイアングル/ローアングル/縦位置ローアングルでのフレーミングも容易です。

また静電式タッチパネルの採用で、フォーカスポイントの調整など直感的なタッチ操作が可能です。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事