大高:ワーナー・マイカル・シネマズに設置されている映画に連動して動く座席「D-BOX」を体験

D-BOX

D-BOX

大高:ワーナー・マイカル・シネマズに設置されている、D-BOX Technologies開発の映画に連動して動く座席「D-BOX」を体験してきました。

日本では、愛知県名古屋市緑区にあるこの「大高:ワーナー・マイカル・シネマズ」と、神奈川県横浜市都筑区にある「港北ニュータウン:ワーナー・マイカル・シネマズ」の2箇所のみに設置されてるそうです。

設置されている10番スクリーンは4ウェイ立体音響の「ULTIRA スクリーン」(200円)で、これにD-BOX料金1,000円が追加されます。(港北は通常スクリーンです)

上映される映画が「デジタル3-D」の場合は、さらに300円かかります。

ダークナイトがサンプル上映されていましたが、約1分間でもかなり座席が動きます。

動くだけでなく映画のシーンに完全に同調したモーション効果とインテリジェントバイブレーションにより、激しい振動も体で感じることが出来ます。

これが約2時間続くわけで、ジェットコースターに長時間乗っているような気分になります。

アクション映画を見るには最高のシステムかもしれません。

関連エントリー:中川コロナシネマワールドに導入された体感型シアター「4DX」を体験



新着記事