iOS

iOS 16:送ったばかりのEメールの送信を取り消す、リマインダー設定が可能に

iOS 16:メール送信の取り消し

iOS 16:メール送信の取り消し

iOS 16から、送ったばかりのEメールの送信を取り消すことが出来るようになりました。

送信後、メールボックスの一番下に「送信を取り消す」が表示されます。

送信を取り消すをタップすると、送ったばかりのメールを再編集することが出来ます。

編集せずにキャンセルボタンをタップすると「下書き」に移動されます。


送信を取り消すまでの時間

送信を取り消すまでの時間

これは、従来のメールの送信音が鳴っても、実際には一定時間後に実送信を行うことで実現されている機能になります。

送信を取り消せるのは、送信後30秒までで、この時間は、設定>メール>送信を取り消すまでの時間「オフ」「10秒」「20秒」「30秒」から選択できます。


メールのリマインダー設定

メールのリマインダー設定

特定のメールに対して、読み直すためのリマインダーを設定することができます。

リマインダーを受け取りたいメールを右にスワイプして「リマインダー」ボタンをタップして設定します。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事