iOS

Apple、HealthKit,HomeKit,iAP2,LightningヘッドフォンモジュールのMFiライセンスについて解説

iA10E

iA10E

Appleが、WWDC2014において、AppleのPlatform Accessories担当マネージャーRobert Walsh氏が行った「Designing Accessories for iOS and OS X」の中で、iOS 8のBluetooth接続補聴器、HealthKitアクセサリ、HomeKitアクセサリ、ゲームコントローラーなどのiAPアクセサリーは、MFiライセンス認証を受ける必要があると説明しています。

また、Lightningコネクタについては、新しいコネクターモジュールを提供し、Lightningヘッドフォンモジュールによって、より広いバンド幅に対応し、音質が向上すると説明しています。

また、iTunes Radioコントロールを含む、アプリ経由による複雑なコントロールが行えると説明しています。

Lightningヘッドフォンモジュールについては、MFiライセンス契約を行ったデベロッパーは、より詳細な情報を得る事が出来るそうです。


WAPA-101

WAPA-101

以前「春のヘッドフォン祭2014」において、eme audioが、Lightningコネクタに対応したデジタルヘッドフォン「iA10E」を参考展示しており、これには、新しいLightningコネクタの「C10E」が使用されていたと予測されます。

Lightningコネクタオーディオは、デジタル出力方式になるため、ヘッドフォン側にDACアンプ等が必要になりますが、アナログオーディオ出力と比べて、高音質再生が可能になるものと期待されます。


関連エントリー
iTunesのハイレゾリューション・オーディオ配信は、次期iOSで対応?
春のヘッドフォン祭2014:Lightning対応オーディオ製品色々




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事