iPad

iPad Air (4th generation)のA14 Bionicチップ仕様

iPad Air (4th generation)

iPad Air (4th generation)

Appleの新型iPad Air「iPad Air (4th generation)」で「Geekbench 5」を起動してみると「2.99GHz」と表示されます。

L1インストラクションキャッシュサイズは128KB、L1データキャッシュサイズは64KB、L2キャッシュサイズは4MB、メインメモリは4GBでした。

マザーボードは「J307AP」のようです。

iPad Air (3rd generation)のA12 Bionicチップと比較して、L1インストラクションキャッシュサイズは同じ、L1データキャッシュサイズとL2キャッシュサイズはダウン、クロック数、メインメモリ容量がアップしています。

A14 Bionicの構成は、総トランジスタ数は118億個、2つの高性能CPUコアと4つの高効率CPUコア、GPUは4コア、Neural Engineは16コアとなっています。


関連エントリー
iPad (8th Generation)のA12 Bionicプロセッサ最大動作クロックは2.50GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は3GB仕様
iPad (7th Generation)のA10 Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は3GB仕様
iPad Pro 11-inch、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation)のA12X Bionicチップ仕様
iPad mini (5th Generation)のA12 Bionicプロセッサ最大動作クロックは2.5GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は3GB仕様
iPad Air (3rd generation)のA12 Bionicプロセッサ最大動作クロックは2.5GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は3GB仕様
iPad Pro (12.9-inch) (2nd generation)のA10X Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.38GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は4GB仕様
iPad Pro (10.5-inch) ベンチマークレポート
iPad (6th generation)のA10 Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.21GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 7 PlusのA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone 7 のA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事