Apple Store

Apple Store、Today at Apple「エ⁠ク⁠ス⁠ク⁠ル⁠ー⁠シ⁠ブ⁠:ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン⁠に⁠学⁠ぶ iPad Proを⁠使⁠っ⁠た Lightroom⁠と⁠Photoshop⁠の⁠基礎」を開催

エ⁠ク⁠ス⁠ク⁠ル⁠ー⁠シ⁠ブ⁠:ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン⁠に⁠学⁠ぶ iPad Proを⁠使⁠っ⁠た Lightroom⁠と⁠Photoshop⁠の⁠基礎

エ⁠ク⁠ス⁠ク⁠ル⁠ー⁠シ⁠ブ⁠:ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン⁠に⁠学⁠ぶ iPad Proを⁠使⁠っ⁠た Lightroom⁠と⁠Photoshop⁠の⁠基礎

Apple 丸の内にて、Today at Apple「エ⁠ク⁠ス⁠ク⁠ル⁠ー⁠シ⁠ブ⁠:ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン⁠に⁠学⁠ぶ iPad Proを⁠使⁠っ⁠たLightroom⁠と⁠Photoshop⁠の⁠基礎」が開催されました。

アドビシステムズ社のシニア・プリンシパル・デザイナーであるラッセル・ブラウン氏による、iPad Pro (11-inch)を使用した「Adobe Photoshop for iPad」の紹介が行われました。


ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン氏/遠藤悦郎氏

ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン氏/遠藤悦郎氏

通訳を務めるのは、ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ンショーでは毎回お馴染みの伝説のフォトショッパー遠藤悦郎氏です。

今回、ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン氏はアクアマンというコンセプトの衣装で登場し、遠藤氏は水兵という衣装で通訳を行っていました。


ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン氏

ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ン氏

セッション参加者にもiPad Proの貸出しが行われ、デモを見ながらその場で実践体験することができました。

Adobe Photoshop for iPadには、多くのショートカットキーが用意されていることなどを紹介していました。


ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ンショー

ラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ンショー

セッション終了後は、参加者と記念撮影をするなどしていました。

Adobe MAX Japan 2019でのパワフルな講演の翌日なのにも関わらず、、楽しいラ⁠ッ⁠セ⁠ル⁠・⁠ブ⁠ラ⁠ウ⁠ンショーでした。


写真:InDesignの勉強部屋


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事