アクセサリ

cheeroの充電しながら通話・音楽再生ができるLightning接続イヤフォン「cheero Earphones with charging dock」を試す

cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dock

ティ・アール・エイが、iPhoneを充電しながら通話・音楽再生ができる実用性抜群な二股のLightningイヤフォン「cheero Earphones with charging dock」を販売開始したので試してみました。

Tankya Developing製のMFiライセンスプログラム取得製品です。

iPhone/iPadアプリ「cheeroEar」を使用することで3段階のイコライザー調整が行えます。


cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dock

10mmのダイナミックドライバを採用し、周波数特性は20Hz 〜 20kHz、感度は85dB/mW、インピーダンスは32Ωとなります。

AppleのLightning Audio Moduleを搭載しており、iOS 11からサポートされたロスレスオーディオ「FLAC」再生などに威力を発揮します。


cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dockは、Lightningメスコネクタを搭載しており、iPhone X/8/7/8 Plus/7 PLusといった3.5mmヘッドフォンジャックが無く、Lightningコネクタ(充電口)しかないiPhoneでもイヤフォンを使用しながら本体への充電やiTunes for Macとの同期を行うことが可能です。


cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dock

音量UP・DOWN/再生/停止/応答/終話/曲送り/曲戻し/Siri呼び出し がコントローラー一つで操作可能なリモコンを装備しています。

Lightningイヤフォンとしては珍しく、ケーブルの長さが約1.2メートルもあります。

イヤフォンからリモコンまでは細いケーブルで、リモコンからLightning端子までは太いラバーケーブルが使用されています。


cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dockでApple Musicを再生してみました。

cheeroEarアプリでイコライザー調整するイヤフォンなのですが、低音を強調するか高音域を強調するかの2パターンしか用意されていないため、解像感が低いサウンドのように感じます。


cheero Earphones with charging dock

cheero Earphones with charging dock

トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「20Hz to 20kHz (Human Audio Spectrum)」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみました。

中音域から超高音域がブーストされ、さらに高音域は倍ブーストされる感じです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事