アクセサリ

ロジクールのアプリでサウンド調整可能なBluetoothイヤホン「Jaybird Freedom Wireless」を試す

Jaybird Freedom Wireless

Jaybird Freedom Wireless

ロジクールのアプリでサウンド調整可能なBluetoothイヤホン「Jaybird Freedom Wireless」を試してみました。

今回のスペースグレイカラーは、Apple Storeで販売される限定モデルです。


Jaybird Freedom Wireless

Jaybird Freedom Wireless

6mmサイズという超小型ドライバを採用していますが、出力5mW〜10mWという性能を持っており、サイズから想像も出来ないほど大音量で鳴ります。

また、部分的にプラスチックパーツを使った金属筐体にすることで、Bluetooth電波を遮ることなく、本体剛性を高めることに成功しています。


Jaybird Freedom Wireless

Jaybird Freedom Wireless

これまでのJayBirdイヤフォンは、ドライバー回りにバッテリーを搭載していたため、ユニットを小型化することに限界がありましたが、バッテリーをリモコン部分に移動させることで、スリムなドライバ形状を実現しています。


Jaybird Freedom Wireless

Jaybird Freedom Wireless

チャージングクリップを使用することで、再生しながらの充電が可能となりました。

チャージングクリップは取り外し可能で、イヤホン本体で約4時間、チャージングクリップを装着することで約4時間再生時間が長くなり、合計8時間の再生時間が可能です。


Comply低反発ポリウレタンフォーム製イヤーチップ

Comply低反発ポリウレタンフォーム製イヤーチップ

シリコン製イヤーチップ(S、M、L)、イヤーフィン(S、M、L)に加えて、Complyの低反発ポリウレタンフォーム製イヤーチップ(S、M、L)が付属しています。

低反発ポリウレタンフォーム製イヤーチップは、耳に入れる前に指で潰すことで、耳の中の形状にフィットした形で装着することが可能です。


Jaybird Freedom Wireless

Jaybird Freedom Wireless

サイクルトレーナーに乗りながら装着してみました。

ケーブルを首の後ろに回して装着しますが、ポリウレタンフォーム製イヤーチップに加え、イヤーフィンによって外れることは無く、また、軽量なため重さを意識する必要もありません。

撮影協力:@msato021


Jaybird MySound

Jaybird MySound

iPhoneアプリ「Jaybird MySound」を使用することで、Jaybird Freedom Wirelessに対して、リアルタイムにイコライザー調整することが可能です。

探すタブから100以上のイコライザープリセットを追加することも可能です。

この調整は、Jaybird Freedom Wireless本体に記録されます。


オーディオ左右切り替え

オーディオ左右切り替え

ヘッドホンタブから、Jaybird Freedom Wirelessのオーディオを左右切り替えすることも可能です。

なお、このオーディオ左右切り替えを行う場合、Jaybird Freedom Wirelessの再起動が必要になります。


Jaybird Freedom Wireless

Jaybird Freedom Wireless

トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「20Hz to 20kHz (Human Audio Spectrum)」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみました。

中低音域から高音域に向かってブーストされ、華やかなリズム感が出て軽快な感じがします。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事