アクセサリ

エレコムのMacで使える4極ミニプラグ両耳折りたたみオーバーヘッドセット「HS-HP20TBK」を試す

HS-HP20TBK

HS-HP20TBK

エレコムが販売する4極ミニプラグ両耳折りたたみオーバーヘッドセット「HS-HP20TBK」を試してみました。

backspace.fmに出演するにあたり、Skype for Macによる収録のため、どうしてもマイク付きオーバーヘッドフォンが必要になったためです。

Macのヘッドフォンジャックは、Apple iPhoneリモート&マイク付きヘッドセットに対応するために「コンビネーションオーディオポート」仕様となっており、4極ミニプラグが利用できます。


HS-HP20TBK

HS-HP20TBK

しっかりと音声を聞き取れる両耳オーバーヘッドタイプのヘッドフォンで、長時間の使用でも疲れにくいイヤーパッドが特徴です。

周囲の雑音を拾いにくい、ノイズ低減高性能マイクを採用し、息によるノイズを軽減するウィンドスクリーンが付いています。


HS-HP20TBK

HS-HP20TBK

コンパクトに収納できる、持ち運びに便利な折りたたみタイプとなっています。

マイクのアームはフレキシブル式のため、かなり曲げることが可能です。

また、絡まりにくく、耐久性にも優れているファブリックコードが採用されています。


HS-HP20TBK

HS-HP20TBK

ボリュームの調整・マイクミュートが手元で操作できるコントローラが付いています。

Macに接続する場合は、3.5mmヘッドフォンジャックに接続します。


システム環境設定>サウンド

システム環境設定>サウンド

OS Xのシステム環境設定>サウンドを見ると、ヘッドセットを接続した場合、入力タブの内蔵マイク(内蔵)が、外部マイク(マイクポート)に変わり、出力タブの内蔵スピーカー(内蔵)が、ヘッドフォン(ヘッドフォンポート)に変わります。

入出力項目が変化することで、4極ミニプラグが正しく認識されているかどうか確認出来ます。


実際の収録では、マイクの感度が良過ぎるためか、ヘッドフォンから出る音をマイクが僅かに拾う状態でしたが、ヘッドフォンのボリュームを調整することで回避出来ました。

また、マイクの収録音質は、ノイズが乗る事もなくクリアでした。


HS-HP20UBK

HS-HP20UBK

USB接続タイプのヘッドセット「HS-HP20UBK」も試したのですが、ヘッドフォンは問題なかったのですが、マイク側にジッター音が乗ってしまう状態でした。

USB接続時に、なんらかのノイズ対策が必要だと思います。


BSHSH11BK

BSHSH11BK

バッファローのヘッドセット「BSHSH11BK」のような、マイクとヘッドフォン端子が分かれた3.5mmステレオミニプラグ(IN、OUT)式の場合、Macではどちらも認識されません。

購入する場合は、4極ミニプラグ式なのを確認してください。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事