アクセサリ

GRAPHTのiPhone 6用フリップタイプケース「Keith Haring Collection Flip Cover」を試す

Keith Haring Collection Flip Cover

Keith Haring Collection Flip Cover

MSYが販売する、GRAPHTのiPhone 6用フリップタイプケース「Keith Haring Collection Flip Cover」を試してみました。

ストリートアートの先駆者とも呼べる画家キース・ヘリングのポップアートをプリントしたフリップタイプのカバーケースです。

この製品は、キース・へリング財団のグローバルライセンスを受けています。


高品質な合皮にキースヘリングのアートがプリントされています。

内側はキースヘリングのシグネチャーがエンボスで表現されています。

1枚分のカードスロットも用意されています。


ケースは、iPhone 6を四隅の出っ張りで留める仕組みとなっています。

フタは、フタから出ている留部をiPhone 6に引っ掛けるようにして留める仕組みで、時間が立つ事で、カパカパになりそうな雰囲気がします。


スタンドモードは有りませんが、フタを背面に回して立てる事で、フォトスタンドモード程度には利用することが出来ます。

なお、床面が滑りやすいと上手く立ちません。


iPhone 6を利用する場合は、フタを180度回して使用します。

左手持ちの場合、フタから出ている留部が、薬指と中指の間に挟み込めるため、結構安定度は高くなります。


ケースを装着した状態で下から見てみました。

角で支える仕組みのため、ヘッドフォン端子、Lightningコネクタなどを塞ぐ事はありません。

また、開口サイズも大きいため、太いタイプのLightningコネクタケーブルも利用出来ます。


ニューヨークのポップアートが好きで、手帳型を探している方には良いアイテムだと思います。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事