アクセサリ

ビサビ販売のiPhone 6用ガラス保護フレーム「Armorz Stealth Extreme R with Curve Protect 強化ガラス保護シート for iPhone 6」を試す

Armorz Stealth Extreme R with Curve Protect 強化ガラス保護シート for iPhone 6

Armorz Stealth Extreme R with Curve Protect 強化ガラス保護シート for iPhone 6

ビサビが販売する、iPhone 6用ガラス保護フレーム「Armorz Stealth Extreme R with Curve Protect 強化ガラス保護シート for iPhone 6」を試してみました。

同店では、ガラスフィルムタイプの「Armorz Stealth Extreme Lite 強化ガラス保護シート for iPhone 6」も販売しています。


ぱっと見は、フレームタイプの液晶ガラス保護フィルムに見えますが、角は全てラウンドエッジ加工が施されていて、さらにガラス保護シートの端部分を巻き込むような特殊な加工が施されています。

また、従来品と比べ、シート端の手触りがなめらかでよりiPhone 6と一体感があります。


付属するMeridrew Enterprises製の「iKlear」を使用して、ウェットクリーナーで表面を掃除し、ドライシートで吹き上げします。

このドライシートが曲者で、繊維を液晶面に残してしまう場合があるため、セロテープを用意して、それらを取り除く準備が必要です。


この製品が上級者向けとなっている理由は、気泡抜きが容易ではなく、気泡抜きで貼るには、かなり高度なテクニックが必要となる製品だからのようです。

また、フレームのガラス面の裏側が、吸着する仕様になっているため、もし、iPhone 6のガラス面に、少しでもホコリがある場合、それを吸着してしまい、除去するのは容易ではありません。


一度シャワーを撒いたお風呂場など、ほこりが発生しにくい場所で挑めば、なんとかなります。

貼れてしまえば、一般的なPU素材のケースなどは利用可能です。

気泡を抜く、一切ほこりが無い状態で貼るなど、かなり環境が整ってから挑んだ方が良い、達人向けの製品だと思います。


フレームタイプのガラス保護フィルムは、olloclipのiPhone 6・iPhone 6 Plus用魚眼、ワイド、マクロレンズのセット「olloclip 4-IN-1 フォトレンズ for iPhone 6 and iPhone 6 Plus」を使用する場合などに便利です。

一般的な保護フィルムの場合、olloclip 4-IN-1 フォトレンズのガイドが固く、フィルムを浮かしてしいますが、ガラス製の場合は、そうした心配が必要ありません。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事