アクセサリ

パワーサポートのiPhone 6用ケース「Power Support Air Jacket Force for iPhone 6」(Storeモデル)を試す

Power Support Air Jacket Force for iPhone 6

Power Support Air Jacket Force for iPhone 6

Apple Storeが販売する、パワーサポートのiPhone 6用ケース「Power Support Air Jacket Force for iPhone 6」を試してみました。

Apple Storeのみで販売されるモデルで、量販店などで販売されている「Air Jacket set for iPhone6」とデザインが異なり、液晶保護フィルムは同梱されていません。


Air Jacket Forceは、量販店モデルのAir Jacketと比べて、液晶表面よりケースの縁が約1㎜出ています。

iPhone 6に装着した場合、液晶面が直接触れない仕様になっています。


Air Jacket Forceは、下部のスピーカー横にスリットが入っていますが、Air Jacketだと、緩やかな楕円形のデザインがされています。

これは、Air Jacket Forceの方が高さがあり、Rが強くなっているため、Air Jacketと同様の装脱着を実現するためだと考えられます。


Air Jacket ForceをiPhoneに装着するには、左上のボタンとエアージャケットの穴の位置を合わせ、はめ込みし、次に右上の角、最後に下側の左右をはめこみします。

がっちり装着されるタイプのため、素早く脱着することは難しいと思います。


iSightカメラ回りは、Apple デバイス用ケース設計ガイドラインにある「0.77mm」以上の高さを持たせるように設計するという指示に従って作られているため、Air Jacket Forceを装着して背面側を床置きした場合、iSightカメラの出っ張りによって起きるガタ付きを防ぐ事が出来ます。


なお、iPhone 6 Plusの場合、0.67mm以上の高さを持たせるという指示のため、ケースが若干薄いようです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事