Watch

Apple WatchはiPhoneとペアリングするように設計されており、iPadとはまったく互換性がない

Business Insiderが、Apple WatchはiPhoneとペアリングするように設計されており、iPadとはまったく互換性がないと紹介しています。

Apple WatchはiPhoneとペアリングするように設計されており、iPadとはまったく互換性がありません。

WatchアプリをiPadで検索したときに、AppleがApp Storeに表示されないようにしているため、iPadにWatchアプリをインストールすることもできません。これは、iPhoneを持っていないが、iPadを持っている人にとっては残念なニュースかもしれません。

残念ながら、AppleはApple Watchをアップデートして、iPadとペアリングして使用できるようにする意図を示していません。


Apple Watchもスタンドアロンデバイスではありません。ほとんどのモデルでは、初期設定とウォッチフェイスやアプリのインストールにiPhone5S以降が必要です。Apple Watch Series5およびAppleWatchのセルラーバージョンには、iPhone6以降が必要です。

また、多くの機能が正しく機能するためにiPhoneのより大きな処理能力に依存しているため、多くの一般的なタスクのために、Watchは1日中iPhoneとペアリングされたままである必要があります。たとえば、Apple WatchがiPhoneの近くにない場合、AppleWatchのSiriは機能しません。

セルラー接続を備えたAppleWatchモデルは、やや自律性が高くなっています。携帯電話接続の時計は、たとえば、電話やテキストメッセージを発信したり、音楽をストリーミングしたりできます。

iPhoneがない場合、Apple Watchで利用できる機能は、使用しているApple Watchの種類、および利用可能なWi-Fi接続があるかどうかによって異なります。

どちらも持っていない場合でも、使用できるアプリはありますが、制限はあります。

セルラー機能を備えたAppleWatchを所有していて、セルラー機能を設定している場合は、iPhoneで利用できる同じ機能の多くにアクセスできます。つまり、Watchで電話をかけたり、Siriを使用したり、音楽をストリーミングしたりできるようになります。

iPhoneを持っていなくても、セルラー接続がなくても、Wi-Fiネットワークが利用可能で、範囲内であれば、Wi-Fiネットワークに接続できます。

ただし、SMSテキストメッセージやサードパーティのプッシュ通知などの機能は利用できない場合があります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事