Watch

KDDI、Apple Watch用ファミリー共有設定に対応した「ウォッチナンバー」のキャンペーンを発表

KDDIが、watchOS 7を搭載したCellularモデルのApple Watch Series 4以降またはApple Watch SEと、iOS 14を搭載したiPhone 6s以降をあわせて利用することで、家庭内においてiPhoneを持っていない子どもやシニアの家族でも、Apple Watchのコミュニケーション、健康、フィットネス、安全性などの機能を使えるようにする「ファミリー共有設定」に対応し、Apple Watch単独で音声通話やデータ通信が可能となる「ウォッチナンバー」を月額350円からオトクに利用できる「ナンバーシェアからの移行キャンペーン」を2020年9月17日から実施すると発表しています。

ウォッチナンバーは、単独で音声通話やデータ通信が可能なApple Watchに適用できる当社スマートフォン料金で最も安価な「ピタットプラン 4G LTE」で利用できます。


さらに、本キャンペーンでは、「ナンバーシェア」を利用するユーザーが「ピタットプラン 4G LTE」に移行した場合に、月額料金を12カ月間、1,630円割り引し、月額350円から利用可能になります。

なお、ファミリー共有設定は現地の通信事業者によるサポートを必要とし、日本ではKDDIのみが対応しています。

ファミリー共有設定では、Apple Watchは一日14時間使用できます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事