Watch

ベルキンのApple Watch用スクリーン保護フィルム「ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター」を試す

Belkin ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター

Belkin ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター

ベルキンが販売するApple Watch用スクリーン保護フィルム「Belkin ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター」を試してみました。

Apple Watch Series 1、Apple Watch Series 2用の2種類で、38mm/42mmの2サイズラインアップされています。

Apple Watch Series 3でも使えそうですが、現状は対象製品にはなっていません。


Belkin ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター

Belkin ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター

カーブ付きのスクリーンプロテクターで、耐擦傷性能は市販のソーダライムガラス製スクリーンプロテクターと比べて3〜5倍の強さを実現しており、耐破損性能に対しても25%以上高い場所から落ちても破損しないことが確認された、Corning製Accessory Glass 2が使用されています。


EZ位置調整トレイ

EZ位置調整トレイ

Apple Watchからバンドを外し、Apple Watch本体をiPhone X用ScreenForce TemperedCurveスクリーンプロテクターに付属しているような貼付けキット「EZ位置調整トレイ」に押し込みます。

表面を清掃用クロスで拭き、次に塵除去ステッカーでほこりを取り除きます。


EZ位置調整トレイ

EZ位置調整トレイ

1と書かれた黒いテープを持って、スクリーンプロテクターの内側の剥離シールを取り除きます。

次に2と書かれた白いテープを持ちながら、Apple Watchのディスプレイ上にスクリーンプロテクターを乗せます。

2のテープを剥がす前に、表面を清掃用クロスで押しながら拭いて密着させます。


Belkin ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター

Belkin ScreenForce UltraCurveスクリーンプロテクター

最後に2のテープを剥がして完成です。

独特なカーブ付きの設計により、Apple Watchの画面をより広範囲にカバーしてくれますが、ここまでカーブしてると貼るのに苦労しますが、EZ位置調整トレイのおかげで、誰でも正確に貼ることが出来ます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事