Watch

SpigenのApple Watchのディスプレイ面をほぼ保護出来るフィルム「Apple Watch シュタインハイル 液晶 保護フィルム フレックス」を試す

 Apple Watch Screen Protector Steinheil Flex

Apple Watch Screen Protector Steinheil Flex

Spigenが、Apple Watch 用保護フィルム「Apple Watch シュタインハイル 画面保護フィルム フレックス(38mm)」と「Apple Watch シュタインハイル 画面保護フィルム フレックス(42mm)」を販売していたので試してみました。

iPhone 6用保護フィルム「Spigen シュタインハイル フレックス HD スクリーンプロテクター」と同じ、熱可塑性ウレタンフィルムを使用した製品です。


付属品は、ガラスクリーナー、ホコリを取り除くためのダストクリーナー、英語表記の説明書が同梱されています。

本来、シュタインハイルフィルムは、水を使って貼る製品ですが、このApple Watch用は、水を使用しないで貼ります。


Apple Watchからバンドを取り外し、ディスプレイ面をクリナーで綺麗に掃除します。

その後、ダストリムーバーで、小さなほこりを取り除きます。

なお、空気抜き用にマイクロファイバークロスを別途用意した方が良いと思います。


フィルムの端を、Apple Watchのガラス面の縁に合わせて軽く貼ります。

ウレタンフィルムは少し厚みがあるため、他のフィルムと比べて空気が以外に残ります。


フィルムの端を浮かせて、別途用意したマイクロファイバークロスを使って、外に空気を押し出すようになんども貼り直しを行ないます。

通常のディスプレイ保護フィルムと比べて、柔軟性があるため、フィルムを強く引っ張ると延びて綺麗に貼れません。

結構難易度が高いと思います。


フィルムを痛めないように根気よく何度も貼り直してみましたが、少し空気が残ってしまいました。

一応、フィルムは2枚入っているので、再度トライするのも良いと思います。


Apple Watch は防沫性能と耐水性能を備えているため(防水性能はありません)iPhone 6用シュタインハイルフィルムのように、光学用特殊シリコン粘着剤側に水を吹き付けて貼る事にしました。

:メーカー非推奨方式のため、実際に行なう場合は、自己責任で願います。


水で濡らした側をApple Watchのディスプレイ面にのせ、別途用意したマイクロファイバークロスを使って、外に空気を押し出すようになんども貼り直しを行ないます。

水を使用しない場合よりも、簡単に空気を抜く事が出来ます。


Apple Watch シュタインハイル 画面保護フィルム フレックスを貼ったApple Watch Sportを腕に巻いてみました。

一般的なApple Watch用保護フィルムと比較して、ディスプレイ面を保護する面積が大きいことが確認出来ます。

貼るのにコツが入りますが、貼れた時の満足度は高いと思います。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事