Beats

HP ENVY17 j100 Leap Motion SEの「Beats Audio Control Panel」をチェック

HP ENVY17 j100 Leap Motion SE

HP ENVY17 j100 Leap Motion SE

リンクシェア・フェア 2014において、HP Directplusが、17.3インチ液晶ディスプレイを搭載したノートPC「HP ENVY17 j100 Leap Motion SEicon」の展示を行っていました。

Windows 8.1、Core i7 4702MQプロセッサー、16GBメモリ、2TBハードドライブ、SSDアシスト・ハードドライブ、NVIDIA GeForce GT 750M グラフィックス (4GB)、指紋認証機能などで構成されたハイエンドノートPCです。


Leap Motion コントローラー

Leap Motion コントローラー

HP ENVY17 j100 Leap Motion SEは、ディスプレイやマウスに触れずに、手や指の動作だけで操作可能な「Leap Motion コントローラー」を内蔵しています。

ジェスチャーコントロールといっても、細かい作業を行うのは難しいので、実用的かどうかは未知数と思います。


HP ENVY17 j100シリーズ、HP ENVY 15-j100 シリーズは、4つのBeats Audioスピーカーとサブウーファーを搭載しており、キーボード右上に「Beats Audio」のロゴが付いています。

HPは、HP ENVY Recline23 Beats SEiconや、HP Pavilion x360iconなど、以前から「Beats Audio」システムを採用しています。


Beats Audio Control Panel

Beats Audio Control Panel

Beats Audioは、スピーカーだけでなく、拡張オーディオコントローラーシステム「Beats Audio Control Panel」がインストールされています。

音量では、マスターボリュームを調整したり、スピーカー、ヘッドフォン、およびデジタル出力(S/PDIF)などの再生デバイスに加え、ライン入力、マイク、リアマイク、ステレオミキサーなどの録音デバイスの音量を調整することが出来ます。


リスニング環境では、音楽、音声、映画などのメディア種類を選び、音声、サラウンド、ディテール、低音などを各種類毎に調整することが出来ます。

グラフィックイコライザー設定は、Beatsヘッドフォンの種類に応じて調整することが出来ます。


録音環境は、背後の雑音が録音されないようにする「ノイズ除去」や、スピーカーから入る音を除去する「アコースティック エコーキャンセル」、円錐領域から外れた音を除去する「ビームフォーミング」などの調整が行えます。


詳細設定では、Windowsサウンド プロパティにアクセスしたり、センタースピーカーやサブウーハーの出力を切り換えたり、設定をすべてデフォルト値に戻したり、マルチストリーミングを有効にしたりできます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事