AUGM青森2016において、Adobeの仲尾氏が、Adobe MAX 2016において発表された最新情報を紹介しました。

プロトタイピング、共有のすべてが可能な初のツール「Adobe Experience Design CC(ベータ版)」を紹介していました。


新しくレイヤーとシンボルの2つの機能がサポートされ、PhotoshopとIllustratorのレイヤーとシンボル機能を利用可能になったそうです。


抽象的デザインなどのプロジェクトで、2Dと3Dのアセットを組み合わせて簡単に写真のような高品質画像を作り出すことができる「Project Felix」を紹介していました。

伝統芸能の馬を消すというのが、消した馬を戻すことが出来るそうです。


インテリジェントサービスで、アドビの大量のコンテンツとデータのアセットを利用して、ユーザーがより迅速かつスマートに仕事を進められるようにする「Adobe Sensei」も紹介していました。

この技術によって「Adobe Stock」で検索する機能向上しているそうです。


また、Adobe Stockに、Adobe Photoshop CCやAdobe Illustrator CCで使えるテンプレートが利用可能になっていると紹介していました。


Adobeの次世代型フォトエディター「Project Nimbus」を紹介していました。

クラウドファーストツールで、ユーザーのライブラリ中の画像を、自然言語で見つけることができるそうです。



PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する