AUGM 長崎 2012において、トリニティが、日本にしかできない高度な技術による純日本製プロダクトとして「次元シリーズ iPhone 4/4S用 3Dテクスチャーカバー」を紹介していました。


中国で生産をおこなってきたが、妥協せずに全てが納得がいくカタチで仕上げたいという思いから、全て日本で開発・生産することにしたそうです。

AUGM 大阪の前夜祭で、林信行氏に紹介してもらった3Dデジタルデータ作成技術をもったケイズデザインラボと共に製品開発することにしたそうです。


3Dデジタルデータを元にした金型作成にしても、樫山金型工業による手作作業で精度を上げることで高精細な金型を作成することが実現出来ていると説明していました。


」「」「」の3シリーズで展開するそうです。

中国でコピー品を作るのはとても難しいと説明し、日本の技術の高さを熱く語っていました。


関連エントリー:トリニティの触っても本物だとしか思えない新次元の触感を持ったiPrinnku



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する